本作りにおける編集者の役割

編集, 編集者

本を書こうと思ったら、どうすればいいでしょうか。

経営者の皆さんは「本を書きたい」とよくおっしゃいます。自分でワードを使って書き始める人もいるかもしれません。しかし本はブログよりも、さらに全体の構成を先に作る必要があるのです。そうしないと、とても一冊の本に書き上がりません。

これは実際にやってみると分かると思います。一冊の本には大体10万文字から13万文字が必要です。それだけの分量を書くには全体を通して最初・中盤・最後にそれぞれ何を書くかがある程度決まっていなければ、書き始めるのは非常に難しいのです。そうでないと途中で自分が何を書いているのか分からなくなってしまうでしょう。言い換えれば、迷子になってしまうのです。

 例えば、一章分に広げて書くべきだった事柄を小さく扱ってしまったり、ページ数が足りないからといって大して重要ではないことを大きく扱ってしまったりします。そうして結局、本のムラができてしまうのです。

 これを防ぐためには、最初に本の全体を考えて、ムラがないように内容を決める必要があります。だから要は、書き手と編集者がはじめにきちんと打ち合わせをしてから書き始めないといけません。

 編集者はプロとしてそうした作業を毎日こなしているわけですから、全体の構成を作ることにかけては彼らの右に出るものはいません。どんな業界の本を書くかに関わらず、そうした訓練を十分に積んでいるので、全体を考えた上で書き始めるための手順を示すことができるのです。

 実際の進行では、そういった企画会議で構成作りを行ないます。1章・2章・3章・4章と、それぞれにおいて書くべき内容を先に決めてしまうのです。そして同じ内容が重ならないように、かつ効果的な順序で出てくるように配慮しなければいけません。

 よくある悪い例は、1章からいきなり会社のストーリーを語りはじめてしまうケースです。すると読者としてはまだ興味を持てていない状態なので、その段階で昔話をされてもなかなか頭に入ってこないですよね。そういった失敗がありがちなのです。読み手の気持ちの問題もありますから、読み手が読みたいものを先に出してあげなければいけません。そして少し長くなる昔話などは、読み手が慣れてきた頃に出すことが重要です。だから同じ内容でも、出し方やタイミングによって受け取られ方が異なります。出し方一つ工夫してあげるだけで、読み手にとっては大変読みやすくなりますし、受ける印象も変わるのです。

 せっかく本を書くならやっぱり読んでもらいたいもの。そのための方策を編集者が示してくれます。だから最初に編集者と打ち合わせをしておくことで、執筆をしている途中で迷うことなく書き進めることができると思います。

 そして執筆に際しては、ライターの助けを借りることも有効です。自分で書ける方はもちろんそれでもいいのですが、やはり本業ではありませんし、文章が下手な場合もあります。それに忙しくて執筆の時間がとれない場合もあるでしょう。
 編集者と打ち合わせをして書くべきことを分かった上で、実際はビジネスジャンルの得意なライターを連れてきて書くことが一般的な本の作り方となっているのです。ビジネスライターはもちろん知識を持っていますが、それ以上に知識のない読者に成り代わって分かりやすく書くことが得意です。だから話が難しくなりすぎず、かつ理解した上で分かりやすく解説してくれます。そのため、お金をかけてライターを雇うメリットも十分にあると思います。ライターには、最初に編集者と打ち合わせをして作った構成案に従って語ってもらった内容を元に書いてもらうのが、一番良い作り方です。

なぜ、出版コンサルティングが必要なのか?

成果の出る出版を約束する、CONTEの出版コンサルティングの秘密とは?

詳しくはコチラ