電子書籍は儲かるのか? 儲からないのか?

電子書籍

電子書籍を配信して売り上げをあげて、印税で稼ぎたいと考えている人もいるかもしれません。
しかしながら、トップレベルで電子書籍を次々に刊行している人でも、なかなかそれだけで生計を立てるのは至難の業です。

結論からいうとほぼ「儲からない」と考えた方がよさそうです。

・売り上げが上がりにくい

・経費がかかる

の2点です。

・売り上げが上がりにくい

売り上げを上げるためには、ある程度値段を上げないといけません。しかしながら、値段を上げて紙の書籍と同じくらいの価格(1300円以上)になってしまうと、読者側のハードルも上がります。
詳しくはこちらに電子書籍の値付けについてまとめました:

電子書籍のベストな販売価格設定は?

アンリミテッドに登録して小さい金額を積み重ねるという方法もありますが、毎日刊行される本が(ライバル)が増えていくために安定はのぞめません。

また、読者の一定の期待水準に達するくらいのものをつくるには、どうしても経費がかかります。編集者をつけないにしても、デザイナーと校正者が必要です。
カバーデザインを1つだけつくって何冊も使い回すという手でデザインのほうは節約できますが、校正は毎回かかってきますよね。
経費を計算してみたら、1000冊くらいダウンロードされないと赤字・・・ということもありえます。

・電子書籍はほかにつなげるものとして割り切る

電子書籍だけで利益を上げることは難しいといわざるをえません。
そのため発想を転換して、電子書籍単体ではなくほかのメディアや事業と組み合わせて利益をとっていくことを考えましょう。

事業をやっている人や社長であれば、電子書籍を通じて本業のお客さんが増えたり、問い合わせにつながることを意図するべきです。
また文章を書くことを半ば専門にしている方ならば、電子書籍でまず自分のことを知ってもらったうえで紙の本を買ってもらったり、セミナーに来てもらうようにはたらきかけましょう。

電子書籍は儲からないぶん、配信するのにコストがかからないという特性を十分踏まえることです。半端に500円や300円などの値付けをしているくらいならいっそ無料にしてしまうかフリー版をつくって「有料版で続きの詳しい内容が読めます」ということも可能かもしれません。
発想次第で利益につなげていきましょう。

撮影依頼はこちら!

機材を揃えたカメラマンが出張撮影にお伺いします。

撮影依頼