安すぎる? オンデマンド出版業者の罠を知る〜安ければいいわけではない注意点

オンデマンド出版, 企業出版, 出版, 出版の基礎知識

オンデマンド出版とは

オンデマンド出版は、Amazonや三省堂など、印刷も配送もできる企業が行なっている出版販売方法のことです。

街中の書店で流通をせず、読者から注文を受けた時点で一冊ずつプリンターで印刷をして、Amazonなどが自社で印刷してそのまま自宅に配送するという出版方式を指します。電子書籍ではなく紙の書籍で配本されるので、「出版」という扱いにはなります。

一般の書店で流通しているわけではないので、あくまでもネット書店だけで買える出版方式ということで、一部で注目されている出版方式です。特に少部数で特定の読者のみに向けた内容の書籍に向いている出版方式で、もし原稿を自分で作ることができていれば5万円以下で出版が実現できるわけです。
オンデマンドはこれまで出版社での自費出版の費用が高く、なかなか出版が実現できなかった人にも出版ができるという可能性を秘めています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください;
http://con-te.me/5type-of-publication

オンデマンド出版とオンデマンド印刷の違い

初心者が間違えやすいのが、この「オンデマンド出版」と「オンデマンド印刷」の違いです。

「出版」とはISBNコードをつけて、世の中の知らない人が買えるような状態にすることをいいます。いっぽう「印刷」は、あくまで私的使用の範囲。販売する場合も同人誌の手売りなど、自分の知らないところで売買されることはありません。

そのため、たとえばコミックマーケットに出展するために自分が描いた漫画や小説を印刷所に頼んで、数百部を段ボールで届けてもらい、そのまま値段をつけて販売したものは「出版」とはいいません(「同人誌」といいます)。

ビジネス書の場合も同様で、プリントパックやグラフィック社などのオンデマンド印刷サービスで印刷したものは、単に自社のプリンターで刷るものを外部の印刷所に委託しただけの場合ですから、「印刷」になります。

オンデマンド出版サービスの内容の見方

プロの担当編集者がついてくれるか

オンデマンド出版サービスで一番大事なことは、担当編集者がついてアドバイスをしてくれるかというところです。担当と言っていても企画内容にほとんど口を出さず、素人である著者があまり上手くない出版方式を取ろうとしても、指摘してくれないというケースがあります。

書籍編集者というのは企画段階からその本のマーケティング、類書研究、必要な造本設計を指定し、出版が滞りなく行なわれるために企画時点で著者と綿密な連絡を取って、間違いのない出版方式を実現できる技能を持ったプロのことを指します。
そのため、単に入稿担当とか窓口担当のことを編集者というのは、ちょっと間違っていると思います。

よく「安いけれど担当編集者がついている」というケースを耳にしますが、実際は編集者ではなくただの事務員だったということもあります。

基本的に編集は数年の実務経験の要るプロの技能です。実務経験がほとんどない人が編集者を名乗っていることもありますが、はっきり言ってしまえばそれは嘘をついているわけです。この辺りは十分に気をつけていただきたいなと思います。

実際に良い担当編集者に一回会うと学べることがたくさんあるので、出版が初めてという場合はお金をかけてでもできる限りちゃんとした編集者をつけてほしいなと思います。逆にいえば、慣れてくれば2冊目以降はいらないケースもあります。

最初から編集者の役割を知らずに自分だけでやろうとしていると、間違った知識のまま何冊も出版してしまい、結局コンテンツ作りが無駄になってしまったということもよく起こります。気をつけていただきたいですね。

担当編集者がアドバイスしてくれるかどうかは、最初の時点で最も重要なファクターだと思います。編集者からアドバイスを受ければ、それ以外の問題は全て解決されるわけですからね。

ISBNコードを発行してもらえるか

オンデマンド出版の一番のポイントは、ISBNコードを発行してもらえることです。むしろ、コードをつけて Amazon で売ることをオンデマンド出版と言っても過言ではないですね。 ISBN コードをつけることで、総務省に認定された印刷物・出版物という扱いを受けることができますし、国会図書館にも納品される扱いになります。公的な出版物になります。つまり自分のプリンターでたくさん印刷したただの紙の集まりから、公的な扱いを受ける流通物になるわけです。たとえ同じ内容であっても社会的な扱いが異なりますから、 ISBNコードがついてるかついてないかで見られ方が大きく変わるものだということを意識しておきましょう。ただし ISBNコードはそれほど高いものではなく、10本数万円程度で取得することができますし、個人でも容易に取得することができます。

タイトル決定をサポートしてくれるか

タイトルは著者のプロフィールそのものです。
著者の経歴の中に本のタイトルが入るわけですから、いい加減な著作タイトルでは先が思いやられてしまいます。

タイトルのつけ方は非常に難しくて、例えば『〇〇学入門』とか、『〇〇の方法』のように基本的なタイトルであれば誰もつけられるでしょう。
しかし一般向けのビジネス書や実用書だと、端にお堅いタイトルだけではなくて、内容がうまく伝わるような、主張がうまく伝わるようなタイトルをつけなくてはいけません。

タイトル付けは相当な訓練を経ないと難しいものがありますし、またタイトルがついてもカバーデザインにうまく合わないということもあります。
また1冊目がよくても、2冊目3冊目とシリーズ化していこうと思ったのに、タイトル付けを失敗したせいでうまくいかなかったということもあります。

今後の出版展開を見据えてどのようなタイトルにしたらいいかはかなり戦略を立てなければいけないですし、編集者がタイトル付けの経験を持っていることで自分の出版の戦略も正しく立てられます。

タイトルは単にファイル名をつけるのとは違って、世の中に自分がどのような著者として認知されるかを決める大切な要素なので、格安オンデマンド出版の場合でもタイトル決定についてアドバイスしてくれるかどうかは、大事なファクターだと思います。
きちんとした編集者であれば、タイトルの重要性は理解しているのでサポートしてくれるはずです。

カバーデザインのクオリティは確かか

カバーデザインは著作のタイトル同様、本の未来を決める大事な要素です。

格安オンデマンド業者をいくつか見ると、クオリティの低いカバーデザインが散見されますが、やはりそれは自分の講演会とか自分の名刺でそのカバーが出ても恥ずかしくないかもう一度心に問うてください。

「カバーデザインなんかなんでもいい。ダサくて結構」という人ならお金をかけなくてもいいですけれども、やっぱりカバーデザインは顔なので、カバーだけで判断されることも多くあります。売上が2倍になったり、半分になったりというのもカバーデザインの大きな要素です。

格安業者の中にはテンプレートの中から選ぶものがありますが、あまりに勿体無いと思います(はっきり言えば編集者の手抜きです)。
やはり自分の自宅のリビングにカバーを置いても恥ずかしくないようなデザインにしたいものですね。

タイトルがうまくついてれば、それに合わせたカバーデザインを提案できると思います。たとえ白地に文字だけというカバーデザインであっても、シンプルな中にはそれなりのデザインのルールがありますから、むしろ難しかったりします。

安っぽくならない、馬鹿っぽくならないカバーデザインを依頼するということが大事ですし、別途料金がかかる場合でもできる限り予算を用意して、カバーデザインの質もあげたいところです。

オンデマンド出版の格安業者のサービス内容例

ISBN発行のみのケース

これは先ほどお話しした ISBN のみを取得できるというケースです。原稿も自分で作らなければいけないですし、ページ割とか章立てとか目次作りなども自分で行なわなければなりません。また、カバーデザインのカバーデータや画像データも自分で用意しなければいけないです。

単純にISBNコードを代行してくれるというだけで、自分で作った冊子にISBNだけが乗るだけ、出版というクオリティには程遠いものができるのが関の山だと思います。

発行のみのケースは基本数万円以下ですので、人件費を考えると編集者がつかないケースが多いです。また編集者がつきますと言っても、実際には何もアドバイスしてくれないということもあるでしょう。また、打ち合わせもなく単にメールでのやりとりとか番号だけのやり取りということもありえますから、出版初心者には絶対におすすめできません

定義的に一応”出版”ではありますが、クオリティーはほぼないと言えますね。
やるとすればこれまで5冊も10冊も出してきて、本当に慣れてる人だけといった感じです。

カバーデザインサービスありのケース

タイトルを決めてカバーデザインをパッケージにしてくれるというケースであれば、最低限本の体裁はできるかなと思います。

ただカバーデザインにおいても、その本を作ること自体が目的ならいいのですが、大抵の場合は本を通じて自分のビジネスに役立てたり自分の課外活動や趣味活動を広げていくということの中に出版があることが多いです。

すると全体の戦略の中で、本のタイトルとカバーデザイン、本の著作予定、刊行予定が正しく位置付けられているかということを考えなくてはならないですね。

一冊処理するだけならある程度きれいなテンプレートに入れて処理されることもあるかもしれませんが、自分の仕事の成果全体の中でそのカバーデザインは浮きませんか?とか、そのタイトルは浮きませんか?などとアドバイスしてくれる人が必要だと思います。

ここまでが、担当編集者もいない格安出版のお話しです。
続いて担当編集の打ち合わせがあるケースを話していきます。

出版に限らず、広くコンテンツ広報戦略全体を考えてくれるケース

担当編集をつけて、企画段階から綿密な企画書とマーケティングを経て、刊行スケジュールを立て、カバーデザインやカバータイトル、校正、章立て、文字の間違いがないかのチェック、刊行後のアフターフォローまでしてくれるとなると、どうしても数十万円は人件費がかかってしまいます。
しかし担当編集をつけることで自分の本の出版の本来の意味が実現できるケースが多いと思います。

オンデマンド出版だとどうしても出して終わりということになりかねないのですけれども、出して終わりにならない自分のビジネスの一助となるための自分の人生のコンテンツ戦略とか、著作の戦略の中の大きな役割を果たすために何が必要かを提案してくれるという意味で担当編集が必要だと思います。

なぜ本を書くのか、本を出すことでどうなりたいのか、何を解決したいのかという部分を担当編集者と相談してその答えが返ってくることが担当編集者の存在意義だと思います。これが広くコンテンツ戦略や広報戦略を考えてくれるケースだと思います。

戦略提言までやってくれるとなると、最低でも30万円くらいはかかってきますが無駄にはならないかなと思いますし、そこで考えたことは今後出版以外の何をするにしても活きてくると思います。

ウェブサイト転載・二次利用も相談できるケース

基本的にオンデマンド出版は、出版社ではなく著者に権利が帰属する場合が主流です。すると著者側が、自分が作った文章を自由に転載できるので本をある程度だしたら同じ内容をウェブサイトにも転載して、できる限り読んでもらおうということもできます。

特に企業出版の場合は企業PRが目的なので、本以外でもできる限り目に触れる機会が増えれば作った意味があるわけです。
本の内容をウェブサイトに小分けにして載せることで、目に触れる機会を増やそうというわけです。その場合権利関係が分かりやすく著者の所属になっていて、自由に切り出すことができます。またできる限り小分けにしやすい分量になっている事も大事です。

さらに、見てもらえるウェブサイトの投稿の仕方や記事の作り方にはルールがありますから、コンテンツを二次利用する場合にもウェブのルールに則って転載を相談できる、それがオンデマンド出版のサービス業者にできると理想的だなと思いますね。

当サービスCONTEもここまでのサービスを提供したいと考えており、コンテンツ企画時点からWEBサイト転載を見据えて構成を立てていきたいと考えています。そこまで見据えることでコンテンツ制作が無駄にならないですし、本を作って終わりならないということが理想の一つとしてあるので、ウェブサイト転載も相談できることが理想ではないかなと思います。

格安オンデマンド業者に惹かれる前に気をつけること

以上、格安オンデマンド業者に惹かれる前に気をつけることについてお話をまとめてきました。

特にISBNを発行して出版という体裁は取れるけれども、実際は出版としての意味、つまりゴールが達成できないというケースにはくれぐれも注意しましょう。特に出版初心者の場合は、出版とはどういうもので意味のある出版するにはどんなことを考えなければいけないのか、編集者と著者の役割分担がどのようになっているのかを正しく学ぶことで、正しい出版戦略を実現できると思います。
安いからというだけで失敗しないようにしてほしいです。

出版は全く同じ内容を何度も出すことができないので、やはり一冊一冊大事に作っていくべきものです。
自分のノウハウや経験などは一冊2冊書いてしまうとどうしても出がらしになってしまうので、最初の一冊をどう大事に出すか、が大事です。
その場合には、安いからではなく、むしろ「経験を買う」という意味で最初の一冊に1番お金をかけるほうが最終的には得すると思います。
業者選びの参考にしてみてください。

DTP・ブックデザインの依頼はこちら!

プロの編集者とインデザインオペレーターが、品質の高いデータを納品します。

DTP依頼