出版エージェント、プロデューサーの役割とは?

企業出版, 出版, 商業出版

出版業界は非常に狭い業界で、探そうと思ってもなかなか業界の人と知り合う機会はありません。

出版社に電話をかけて原稿を持ち込んでも冷たくあしらわれることもありますし、一方でなにかのきっかけで編集長と知り合いであればとんとん拍子で出版が決まった、という話も珍しくありません。

出版業界は人間関係が非常に重要です。
・ほかの業界に比べて業界人の数も少ない
・ほぼ全社が似たようなビジネスモデル
・その結果同様の流通・小売り業者と関わる
・同じ著者が複数の出版社から出すため著者経由で知り合いやすい
・デザイナーや組版業者など関連会社も東京都心に近接している
などの特性から、人間関係が濃密かつ閉鎖的になりやすく、また転職時も同業界に転職することが多いため、必然的に業界内の知り合いが増えていきます。

言うなれば、出版業界は「入り口が狭く、いったん中に入ってしまえば交流しやすい」という特徴があるといえるでしょう。

またどの会社のどの本が売れているか、という情報が日々入ってくるため、
「あの会社はいま、こういうテーマの本でもうかっているな」ということがおおかた予想できます。

さて、出版のプロデューサーや個人エージェントには、出版社とのこうした人間関係を重視しつつ、個人として活動している人が多いです。

出版社から独立して出版のエージェントになったり、出版プロデューサーとして活動をする方々にはこうした人間関係を活用し、著者と出版社との架け橋になるような仕事をのスタイルを確立されています。

エージェントとプロデューサーの違い

エージェントやプロデューサーなど横文字があるとなじみがないかもしれません。

エージェントはどちらかといえば「海外翻訳」のときに活躍するように、権利を代行して売買し契約書を結ぶようなイメージに近く、プロデューサーは著者を発掘して予算を確保し売り込む、といいうイメージに近いといえます。

ただし厳密な定義がない場合も多くあります。

どんな業界でも、プロデューサーを名乗っている人はいます。これは「作家」や「デザイナー」のように名乗ったものがちという一面もあります。

肩書きよりも実績

名刺をつくってプロデューサーと名乗っていても実際の活動実績がほとんどない場合もあるため、
・これまでの実績
・どのような出版社と取引があるか
・経歴

を必ず聞いて判断するようにしましょう。

CONTEに、取材を依頼してみませんか?

プロのライターと編集者、カメラマンが取材に伺い、原稿を完成させます。

取材依頼